半沢直樹/芸半沢直樹から見た壮絶な銀行マンの人生とは能人の噂を大スクープ

半沢直樹 銀行マン 人生

 

半沢直樹から見た壮絶な銀行マンの人生とは

 

大ヒットしたドラマと言えば半沢直樹です。
まさに大ヒット。今年一番のヒット作品と言ってもいいかと思いますが、銀行マンが描いたストーリーに夢中になった人もいるかと思います。

 

そんな半沢直樹を見て、銀行マンってこんな感じなのかと思った人もいたのではなでしょうか?

 

フィクション作品ということで、まったくの事実っていうことはないようですがそれでも銀行マンの人生っていうのは壮絶っていう言葉も決して似合わないわけではないようです。

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

半沢直樹 ドラマ 動画

 

銀行マンの人生ストーリーとは?

 

半沢直樹 銀行マン 人生

 

では、そんな半沢直樹でも描かれた壮絶な銀行マンの人生っていうのはどういうものか?

 

それはまず人事権を持つ人が強い。これに尽きるのだそうです。

 

銀行っていうのは本当かどうか分かりませんが入った瞬間から序列が決まっているようで、後は自分より上の位置にいる人間がミスをしたら上に上がれるという減点方式なんだそうです。

 

そしてそういった序列を変えることが出来る人事権を持った人間の発言力が強いようです。

 

 

半沢直樹 銀行マン 人生

 

人事の発言が強いっていうのは銀行特有ではないかと思いますが、だからこそ人事権を持つ人間に嫌われると左遷、転勤何でもござれなところもあるとかないとか。

 

そういった環境下ではどうしてもみんな保守的になってしまうのかもしれません。
減点方式っていうのも理解出来るのではないでしょうか。

 

もちろんすべてがすべてそういうわけではないかと思いますが、半沢直樹で最後に転勤を命じられたのも結局は人事権を持つ人間に嫌われてしまったっていうことなのではないでしょうか。