ビートたけしが大惨事の事故!復活後に名言

ビートたけし 事故 名言

ビートたけしが大惨事の事故!復活後に名言

 

芸能界の中でも大御所に当たるのがビートたけしさんですが、芸人さんっていうのを忘れてしまうほといろんな分野で活躍している方でもいます。

 

テレビなんかではふざけたおじさんと呼ばれることもあるほど、ハチャメチャしていますが、映画監督としては賞を受賞するなど世界的にも有名な方だったりします。

 

海外の方はビートたけしさんのテレビでやっているハチャメチャな姿を知っているのか、気になってしまいます。

 

そのビートたけしさんですが、かつては生死をさまようような事故っていうのを起こしています。

 

それは1994年のことになりますが、ミニバイクを運転している最中のビートたけしさんがガードレールに接触、転倒するという事故を起こしました。

 

どうやらカーブを曲がり切ることが出来ずにガードレールに衝突し、転倒したということですが、当時は面会謝絶になり、報道などではこのまま亡くなってしまうのではないかとまで言われていました。

 

事故の際に頭蓋骨の陥没骨折や脳挫傷、頬の複雑骨折などがありましので、確かに亡くなってしまってもおかしくない状態ではあったようです。

 

しかし、そういった状況からもビートたけしさんが見事に復活することになったわけですが、復活した当時も顔面の半分がマヒしてしまっており、上手く動かせない状況っていうのが続いたようです。

 

ちなみに事故ですが、どうやら愛人と会うために向かっている途中で、しかも酒気帯び運転であり、そのために事故を起こしたと言われています。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

事故で整形した?益若つばさ整形の後とは?

 

愛人は細川ふみえさんと噂されていますが、どうなんでしょうね?

 

そういった事故からの復活、今では当時の事故の影響っていうのはみじんも感じさせませないビートたけしさんですが、芸能活動の中で数々の名言っていうのも残しています。

 

その名言はビジネスマンにも参考になるようなものも多く、ビートたけしさんの名言から学べることもたくさんあるようです。

 

特に参考にされている名言になるのが「俺は怒ったり、命令したりはしない。まずスタッフに聞く。」というもの。

 

ビートたけしさんはその名言の中で、やりたいことをやるためにスタッフに話を聞くと言っており、なぜならもっと良い意見が出るかもしれないからなのだとか。

 

そうすることで自分が目指すより良いものが出来ることになるのだそうです。

 

スタッフの能力を最大限に活かす方法として、ビジネスマンなら覚えておきたい名言になっているようです。