デヴィ夫人の若い頃と娘は壮絶な人生だった!

デヴィ夫人 若い頃 娘

デヴィ夫人の若い頃と娘は壮絶な人生だった!

 

バラエティなどに多数出演し、ズバっと正直に言う姿であったり、年の割にはとんでもないことをやってのけるのがデヴィ夫人ではないかと思います。

 

バラエティ番組で空中ブランコを成功させているデヴィ夫人の姿っていうのは、まるで年齢を感じさせないものとなっていました。

 

そんなデヴィ夫人ですが、今でこそ華やかな感じではあるのですが、若い頃っていうのは非常に苦労した苦労人なんだそうです。

 

デヴィ夫人 若い頃 娘

 

デヴィ夫人っていうと、何といっても大統領の夫人だったということだけが有名なので、若い頃はなぞかし贅沢な暮らしと思いきや、生まれたのは借金がある貧乏な家だったそうです。

 

そういった厳しい環境の中でデヴィ夫人さんは明るく育ったようですが、ある時転機というのが訪れたようです。

 

その転機というのが、インドネシアのスカルノ大統領との出会いだったようで、第三夫人となるものの、ちょうど娘さんを出産したタイミングで大統領が失脚してしまうことになったようです。

 

娘を連れてインドネシアに戻ろうとするもかなわず亡命することになったのだそうです。

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

吉永小百合:子供がいない本当の理由とは?

 

そして、その後、大統領が死去。

 

その時何と30歳ということですから、若い頃から相当な苦労してきていることが分かります。

 

娘さんは女手1つで育てるわけですが、インドネシアから財産を取り戻すということで、娘さんとは別々に暮らしたのだそうです。

 

この娘さんと別々に暮らすというのが後に亀裂を生むことになるわけですが、若い頃のデヴィ夫人は必死だったのかもしれません。

 

デヴィ夫人 若い頃 娘

 

デヴィ夫人は財産を取り戻すことは出来たようですが、娘さんとの亀裂というのは深まり、一緒に生活しようとするも娘さんが失脚するという事件まで起きたようです。

 

若い頃からある意味では浮き沈みの激しい人生だと言うことが出来るかと思います。

 

そんな厳しい人生を過ごしてきた中で、近年、お孫さんが誕生することで娘さんとの亀裂っていうのも修復されているようです。

 

今では娘さんにも若い頃のことは理解してもらっているようですが、ちょっと聞いただけでもデヴィ夫人の人生っていうのは若い頃から本当にいろいろあったのだなって実感させられます。

 

そういった人生を生きてきたからこそ、ああいった元気な姿なのかもしれませんね。